大坂なおみ×ADEAM

「大坂なおみ×ADEAM」のアイキャッチ画像

大坂なおみ選手がファッションブランドADEAM(アディアム)とコラボレーションしたカプセルコレクション 「ADEAM×Naomi Osaka」 がADEAMから発表されました。

【ADEAM】とは

前田 華子が手がけるブランド 。前田は東京生まれ、5歳からニューヨークで育つ。コロンビア大学で美術史と文化人類学を学びながらファッションプレスなどのインターンを経験する。卒業後は フォクシー(FOXEY)の副社長に就任 。2011年にADEAMを立ち上げ、ニューヨークファッションウィークには 2013-14年秋冬から参加し発表を続けている 。 17-18年秋冬からショーは演出に「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」などのショーを長年手掛けるフランス人のティエリー・ドレイファス(Thierry Dreyfus)が、スタイリストにはイタリア人のアダ・ココサル(Ada Kokosar)が加わる。

今回の企画は同ブランドのファンでもあった大坂選手からのラブコールにより実現しています。

大坂選手は幼少期よりファッションデザインに興味を持ち、そのファッションセンスはインスタグラムで時折見せるコート外の着こなしでも話題に上っていました。

大坂選手のデザイン画からデザイナーの前田氏がデザインを描き起こすなど 、大坂選手自身初となるファッションブランドとのコラボレーションでデザインのすべてのフェーズに参加をしています。

デザイナーの前田氏が同コレクションの着想元としたのが平安時代に貴族の間で広まっていた遊び蹴鞠だ。日本の伝統的な心を前田氏の感性でデザインし、そこに大坂選手のスポーティー&フェミニンな要素が融合した見ごたえのあるコレクションに仕上がっています。

「アスリートはカジュアルな服や自分の着たい洋服を着る機会があまりないく、常にスポーツウエアを着ていないといけないから、私はいつも自分の着たい服をスケッチしたり、ほかの人たちに似合う服をデザインしたりもしている。デザインはとても楽しい。服の作り方は知らないけど、デザインを描くのは大好き」 -大坂なおみ

全10型が2020年8月に発売されます。カプセルコレクションには無いカジュアルなリアルクローズも発売が予定されています。

ADEAM全ルックを見る:ADEAM2020秋冬コレクション。