【2020年 春】 最新テニスコーディネート!(MEN’S編)

「【2020年 春】 最新テニスコーディネート!(MEN’S編)」のアイキャッチ画像

日を増すごとに気温が暖かくなっていくこの季節。冬の間は家にこもっていて、そろそろ外に出て体を動かしてみるかと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、気温の変化も大きいこの季節ではテニスをするのに何を着ていくか迷ってしまうもの。

各ブランド・メーカーの最新のコーデを参考に春の装いを整えてみてはいかがでしょうか。

LACOSTE

ラコステの春らしいブルーでまとめたコーディネート。春や夏にはブルーなどの寒色で涼しげにまとめたコーデもさわやかな印象になり高感度の高いコーデだ。

テニスウェアの王道、白を貴重としたコーディネート。こちらのコーデはジョコビッチ選手が着用しているウェアでもある為、 伸縮性・通気性・速乾性に優れた、超軽量素材 でつくられており試合中のパフォーマンスも最大限発揮できるようなウェアだ。

ミニマルなライン使いで描いたワニのグラフィック がかわいいTシャツも注目度が高い。

ラコステからは攻めたアイテムもリリースされている。

写真左はクラシックなスカーフ柄をモチーフにしたテキスタイルを施したデザインコンシャスの一着だが、しっかりと動作性も確保されている点も注目だ。素材は 柔らかなミニコットンピケを使用している。同じ素材で全身にデッキチェアストライプを施したバージョンもある。共に LACOSTE L!VE のものだ。

ellesse

ellesseからは春らしくカラフルな色使いのコーディネート。

写真左の紫のロングスリーブシャツは プレイ時の着用を想定したロングスリーブシャツでもある。袖部分にはあらゆる方向に伸び縮みするマルチウェイストレッチ素材を使用し、スイング時のひじの動きに追随し、袖口付近はラケットのグリップ部分に干渉しないようにしつかりFITする設計にもなっている。

写真中央の淡いグリーンのアノラックはウーブン素材で作られており、風を遮り、軽量であるため持ち運びにも便利だ。この季節には一枚はほしい一着だ。またUVカット仕様にもなっている。

写真右のカラフルなTシャツは、 見頃には布帛素材、袖部分には天竺を使用した異素材ミックスの半袖Tシャツだ。カラフルなカラー展開もされており気分を上げてくれるデザインになっている。

adidas

アディダスロゴとラインのみのミニマルなコーディネートだ。ミニマルなコーデだがかなり強者に見えるコーデでもある。柄が無い為、ロゴが目立ちTVなどでみる試合中のTOPプレイヤーを想起させるのかもしれない。通気性・腕の稼動域にもこだわったシリーズだ。

「adidas Creation Center Tokyo」のデザインによる、大胆なルックスのクラブTシャツ。もちろんテニスの動きにもこだわった一着だ。

VRCTシリーズ。アディダスの解釈で生まれ変わった、アイコニックなレトロスポーツスタイルだ。さらっと春に羽織っている一着がこのシリーズのものだと今年らしい雰囲気を演出できる。

写真左のVRCTジャケットは 伝統あるスタジアムジャケット(バーシティジャケット)にインスピレーションを受けアディダスがモダンにアップデートしたものだ。一部に収縮素材をしようしたり立体裁断を採用することにより動きやすさも犠牲にはしていない。

写真中央のスタジャンは、クラシックなスタジャンをベースにスタイリッシュにアレンジされた一着だ。にっと素材を使い立体裁断を採用するなどこちらも動きは犠牲にはされていない。

写真左のパーカーはフロントに「TEAM ADIDAS」のろごを大胆に配置したデザインになっておりロゴが映えるデザインだがモノトーンの為、悪目立ちはせずスポーティな一着だ。

Prince

ビタミンカラーのコーディネートです。比較的テニスコートでは多く見られるコーデですが、上半身を明るい色にし下は落ち着いた色にすることにより、顔廻りまで華やかに見えるが派手すぎず明るすぎないコーデとなります。冬から春になり気分も明るくなる季節、この色合いは自身の気分も上げてくれるはずだ。

街中ではこの色合いは見せたくないという人も多いのでは似でしょうか。その場合は下の画像のように上着などを落ち着いた色合いのものにすればテニスコートまでは落ち着いた色合いで、テニスのプレー中は明るい色合いで、と使い分けることも可能だ。

NIKE

シンプルな見た目の中にも、アクセントとコンセプトの詰まったコーディネート。

2020年の全豪オープンにあわせ製作されたシリーズで、 Nikeのデザイナーとメルボルンのテキスタイルデザイナー、キャシー・バーンズによるコラボレーションだ。オーストラリアの植物・海や岩肌などをモチーフにテキスタイルにしている。